断菓子、2ヶ月。

user-pic
0
こんにちは!
桜もすっかり花が散り、生まれたての新緑の季節に様変わりした嵐山。
お花見とゴールデンウイークのはざまのこの時期は、個人的にはベストシーズンだと思っています^^
気温も過ごしやすくて、冷房も暖房も必要がなく、
目に入る景色は心がやすらぐ若い緑色。。。
 
先日、musubi3周年パーティを開催させていただきました。
3年という年月は、あっという間だったような気がする瞬間もありますが、
丁寧に振り返るとやっぱり、しっかり3年経ったんだなという感覚です。
 
大きく見えるものごとというのは、やっぱり小さなことの積み重ねなんですね。
みなさん、本当にありがとうございました。
そしてこれからも仲良くしてくださいませ!どうぞよろしくお願いいたします。
 
個人的な目標についても、やはり毎日の積み重ね、、、ということで、
断菓子も2ヶ月を迎えようとしています。
効果としては−4kgに突入!ということで、なかなか順調にも見えるのですが、、、
 
やはり継続期間が経ってくると、訪れる「中だるみ時期」、いや、そこまで経ってないですね。
「禁断症状」というんでしょうね!
 
目につくところにお菓子がいっぱいあると、
最近積極的にスタッフに食べるよう勧めているのですが^^;
やはり目にするととっても魅惑的なスイーツやスナックたち。
人が食べているのをついついうらやましそうに眺めてしまいます。
「人が食べていようが何しようが、特に欲しいとも思わない」というのが、すてきな状態なんですが、
まさに正反対!!
「人が食べているのに、自分が食べられない」という状況に、
モンモンモンモン…っと、煙がくすぶり始め。
禁止しているのに食べたがる自分にも苛立ちが増し。
気づくとスイーツが置いてある扉の前に立っている自分に気づき。
「ぎゃーーーーー!!」と大声を上げて地下スタッフルームに逃げ込んでしまいました。
 
けど何度もいいますが、おなかが空いてるわけじゃないんです。
おなかが空いたら、ごはんを食べたくなります。
お菓子はおなかが空いたから食べたくなるわけじゃないのです。
発作的にこんな症状がでるときはだいたい、わたしの場合は、
心理的に埋めたい何かがあって、それを埋めたい気持ちと、
今自分にお菓子を禁止しているという意識とがうまくくっついてしまって、
むっちゃバカ食いしたくなるんです。
 
お菓子の宝庫であるお店にいるのがいたたまれないという気持ちもあり、
とにかく気分を変えたい!ということで。
ランニングウエアに着がえて、アタマのクールダウン・ランにでかけることにしました。
30分くらい、5kmほどのジョグですが、これがとってもよかった!
実際やってみると、ヒートアップしていたアタマが程よく冷やされて、
キレイな景色を見ることで気分もリセット・リラックスできます。
 
アタマの中で巨大な魅惑的な魔女みたいに膨れ上がっていたお菓子に対する概念が、
しゅるるる〜としぼんで普通の「物体」になっていました。
 
こういう瞬間は来てほしくない!と思っても、やっぱり来てしまいます^^;
そのときにちゃんと「これはアタマの中が勝手に騒いでるだけなんだ」と
冷静に対処できるように、していきたいです!!
 
11月まで、まだまだ半年以上あります。
先が思いやられますが、何事もチャレンジ!^^がんばりまーす。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://m01.cmng.info/mt-tb.cgi/3298

コメントする