断菓子。

user-pic
0

めずらしく、前回更新から比較的すぐにブログを書いております。

今週火曜日、体脂肪率29%を記録し、計測してくださった方からの指導で「運動を勧められる」という事態を経験しました(><)

スタッフからは「どこまで存在自体面白くなったら気が済むんだ」とコメントをもらい、いよいよ関西人の仲間にきちんと入れてもらえるかと、嬉しい反面、ジョグカフェ店長としての存在価値が危ぶまれていることにも対処せねばとよくよく反省いたしました^^;

 

自身の生活を振り返り、

・運動自体はやっていないわけではない。月間走行距離150km〜200km。

・ごはんは3食きちんと食している。一汁四菜前後。おかわりをするわけでもないので、摂取カロリー的にもそう問題なく、野菜・海藻・雑穀・豆・肉などまんべんなく摂れている。

以上だけをとってみると、体脂肪率29%にまで高まる要素はない。。。

となると、やはりあいつか。

そう、みなさんもお察しの通り。。。

犯人は、「お菓子」!!!!!!

チョコレート、ショートケーキやタルトやクッキーやバームクーヘンやもっちもちの大福やらマカロンやらカヌレやらアイスクリームやらお団子やらお饅頭やらロールケーキやら。。。

アタマが「食べたい」という指令を出すままに、欲望のままにすべてに食らいついていっておりました。

もちろん走り始めた当初は、それでも食べた分だけ走ったら痩せる、という流れだったと記憶しているのですが、、、どうやら私の身体は、数々のトレーニングを経て、「いま蓄えなかったらまたがっつりカロリー消費されるかもしれんから、どんどん溜めとけよ〜!できるだけ消費させんようにな!!」ってな親方のかけ声を背に、職人たちが貯蔵庫にボンボン脂肪を放り込むような、そんなカラダになってしまっていたようです。

ま、現在の私が「楽しく走る」ことのみを目標に掲げている時期であれば、体脂肪29%だろうが、問題ないのですが。

今年は新年のはじめに、「来シーズン、フルマラソンで3時間30分を切る」という目標を掲げました。

そのためには、やはり、重たいカラダよりも軽やかなカラダのほうが、速く走りやすいことは明らかなことなのですよね。真偽のほどはさておき、フルマラソンにおいては「1kg=4分」なんていう説もよく耳にします^^;

と、いうことで。

水曜日、twitterにて宣言しました。

「宣言!スイーツランも敢行したことだし、これから11月まで、レースの日以外はお菓子断ちします!!ひゃー言っちゃったー。」と。。。

すると、みなさんからびっくりするくらい迅速に、たくさんの反応をいただきました^^

「もう少しゆるめにしたほうが、、、」

「無理はいかんよ無理は。」

「カーボローティングかねて、前日くらいは自分に甘いものを認めてあげたほうが、精神的にもよいのでは」

「よーしみんなでmusubiに差し入れもってくぞー!」(笑)

などなど、、、^^

わたしがショックからむやみに高すぎる目標を立てて、有言不実行になったり、挫折感を味わうことを危惧してのお言葉とか、経験を踏まえたアドバイスとか、激励のお言葉とか、、、

みなさんがこんなにたくさん心配したりお言葉をかけたりしてくださること、すごくすごくありがたくて嬉しかったです^^本当にありがとうございますm(_ _)m

それと同時に、なぜか、、、「よーーーし、ここまでみんなが言ってくれるなら、やってみようじゃないかーーーー!!!」

という気持ちがムクムク湧いてきたことが自分でも驚きでした。スタッフからは「どこまでMなんだ」と言われましたが^^;

ということで、このブログの場を利用し、ご心配いただいているみなさんへのご報告もかねて、

11月までの「断菓子奮闘記」を綴っていきたいと思います。

 

 

「食べる」というこのシンプルでいて、とても深い行為については、

わたしは常々さまざまに揺れ動いたり、考えることも多く、そしてさまざまな行動を生まれてから今まで、とってきました。

それを含めてまとめていくと、大げさに言ってしまうとわたしの人生をも語れてしまうかもしれない、大きなテーマとなりうることなので、うまくまとまるかわかりませんが。

今回のわたしの目的は「速くなること」はありますが、「ダイエット」「美しくあること」に敏感な女子たちにも、何かを伝えられるものになっていったらいいな、とも思います。

この断菓子キャンペーンのゆくえがどう転ぶのか、わたしのメンタルがどう動いていくのか、まだまだわかりませんが、おつきあいのほど、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://m01.cmng.info/mt-tb.cgi/3295

コメントする