大阪ハーフマラソンに出場してきました♪

user-pic
0

こんにちは!

今日は、昨日参加してきました、2010大阪ハーフマラソンのご報告です♪

この大会は、本来、わたしのようなゆる?いランナーからすると、
関門が厳しいため、とても出場の選択肢に上がる大会ではないのです。。。
制限時間2時間、ただし途中関門がもっともっと厳しいタイムなのです。。。

が、たまたま併走してペースメイクしてあげるからぜひ出よう!
と常連のお客様、Aさんから誘っていただき、行ってまいりました^^

そういう事情があるため、いつもより緊張感が高いわ、
周りの出場者の方が異様に速そう?に感じられるわで、
当初は関門さえなんとか突破して、完走できたら万々歳、、、と思っていました。

おまけに現地へ向かう電車の中でお会いした方に、

「サブ4目指しているのだったら、この大会の完走云々なんて言っている場合じゃないよ」
なんて檄まで飛ばしていただき。。。

そうですよねぇ?、という返事もひきつり笑顔。。。
うー、こんなレベルの高いハーフマラソン、申し込むんじゃなかったなぁやっぱり。。。

なんてことまで思いだす始末。

けれどもスタート前になって、
「いやいや私なんてそんなに走れませんから?」
というスタンスは、やっぱり逃げてるよなぁ、と感じてきました。
そんなことばっかり考えてたら、ちょっとカッコ悪いなぁ。。。
謙遜し続ける人よりも、遅くてもチャレンジしてコケちゃう人のほうが、
わたしは常々好きだなと思っているよなぁ?。

………。

よし!せっかく来たんだから、やっぱり一所懸命やってみよう!楽しまないと損だ!!
と思いだしました。

Aさんの名リードのおかげで、
最初の5キロを26分台で入り、無事長居陸上競技場周辺を出て、公道に出ることができました^^
次の5キロは何と24分!!わたしはこんな速度で走ったことがありません><
けれど、カラダは「むっちゃ気持ちいいぃ?!」と言っています。
いつもゆるゆる走っていたので、こんな速度で走るのはとっても怖いのですが、
今のところ大丈夫そう。でも後からガクっと来るんちゃうかなぁ、、、

Aさんがそんな私の不安もくんでくださり、
「次の5キロはちょっとゆるく行こう!」と、体力温存。
10キロ?15キロ地点は、25分後半台で15キロを通過しました。

15キロ通過前後くらいから、脚が少しずつ疲労してきた感覚が出てきました。
でも速度を落としたくない。どっちみち、あと6キロちょっとなら、35分も走っていたらゴールするのなら、
思い切って速度を上げて追い上げてゴールしてみたい、そんな気持ちにもなっていました。

それで18キロくらいの森ノ宮から大阪城公園へ登っていく長?い上り坂から、ロングスパートです^^;
Aさん「ひらりんの得意な上り坂だよ!」
ひ「得意じゃないですって!!」
なんて会話をゼーハーしながら、上り坂をぐんぐん上がっていきます。
上り坂でスピードを上げる人なんてそうはいないので、
ここで何人ものランナーを抜いていくことができました。
これは正直。。。気持ちがよかった(笑)!!

登りきった後もゴールまでずっと、ペースを下げず。
息が上がっているので、すごい息遣いの音を立てながら進んでいきます。
我ながら少し恥ずかしいのですが、ここでペースダウンしたら悔しい!!
なのでものすごい息の上がった音を立てながら、ゴールを目指しました。

いつもスパートするときはそうなのですが、
全身疲労困憊の中、「まだ●キロもある。。。」と思った時には必ず、
裏返して考えるようにしています。
●キロということは、■分走ったら終わる。
とにかく何も考えずに走り続けていたら、
■分たったら終わりがくるんだ、とだけ言い聞かせます。
わたしみたいな単純な人間は、ひとつのことをやるだけでよい、という状態がとっても楽です。
なので、ひとつの指令だけを、ひたすら唱え続けて実行しつづけるのです。
そしたらいつか、終わりがきます。

今回もちゃーんと、終わりがきました。
1時間47分6秒。
今までのハーフ記録がたしか(覚えてないのです^^;)
1時間55分だったか57分だったかでしたので、
10分近く短縮することができました!

こんなに速く走れるとは思っていなかったですが、
スタート前に「やる!」と決めた走りができたので、
本当に達成感でいっぱいでした^^

やっぱり、「決めて、チャレンジする」ということは
本当に人にすごい成長力を与えてくれるんですね^^
ただ漫然と走るだけにしなくて、本当に勉強になったレースでした。

そして給水のサポートをしてくれたり、ペースメイキングをしてくれたり、
最後は何度も何度も声をかけて励ましてくださった、
Aさんに感謝・感謝です☆
Aさんのお誘いがなかったら、こんな成長感を感じるレースに
出場することもなかったでしょうから。。。
ありがとうございました!


レース後は、すでにスタートしている
「大阪国際女子マラソン」の観戦です!
昨日は雨が降っていて、本当に寒かったので、
「テレビで観たほうが快適だしいいなぁ。。。」なんて思っていましたが、
大間違いでした!

わたしは大阪城公園内の28キロ地点で観戦しました。
トップ集団がやってきて、矢のように過ぎ去って行きました。
驚きだったのは、みんな足音がしない!
本当に静かに走るんです。
トップアスリートの走り方って、ちょっと忍者みたいでした。
みなさんカラダも大きくないからか、以外としずしずとした印象があって、
ダイナミックというより、軽々としたカモシカのイメージでした。

しかし印象に残ったのは、トップ集団よりむしろ、もっと後ろ。
28キロ地点は、ちょうど関門が設けられていて、所定の時間になると、
ストップされてバスに収容されてしまうポイントになっています。

トップ集団が過ぎてから数十分後。
係員の方が出て、路上の真ん中に出て、制止のポーズをとりました。
そこから後ろのランナーは、もう先へ進めないのです。

係員に制止されるや、わっと泣き出すランナー、
観客のところへ倒れこんで、泣き崩れるランナー、
静かに視線を道路に落として、無言でバスに乗り込むランナー、、、
その様子は、ある意味とてもドラマチックで、
じっと見入ってしまいました。

箱根駅伝で放映される、タスキが渡せなかったランナーの悔しさに、
少しだけ似ているのかもしれません。

この日のためにずっと長い時間をかけて、
調整とトレーニングを重ねてきた努力を思って、
感無量になってしまうのでしょうか。
わたしのようなゆるいランナーには、理解できる域にはない感情が、
どっと押し寄せているんだろうなと感じました。

悲しみの場面であるはずですが、
とても素敵に見えました。
がんばらなかったら、流せない涙ですよね。

大阪国際女子マラソンに出られるなんて、ものすごいきらびやかな栄誉ですが、
テレビの放映されないところで、こんなドラマもあるのでした。

そんながんばる女性たちの姿を見れたという意味でも、
本当に出場してよかったです!
やっぱり走るって、シンプルでステキなスポーツです!

来月は東京マラソン出場です。。。
目標はズバリ、サブ4!
ここで宣言します!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://m01.cmng.info/mt-tb.cgi/3263

コメント(2)

| コメントする

ひらりんさん、お久しぶりです^^
スタジオ●●マ!の●田です♪(わかるかな?)
ここまで書いたらわかるか・・・笑

大阪のハーフマラソンに参加してはったんですね。
すごいなぁ〜〜〜。
昨日はずっとテレビで観てたんですけど、
読んでいて裏話にちょっと感動しましたぁ〜。
私も、ひらりんさんのおかげで、
あれからずっと走る事にハマってます♪
この私がいっちょ前に・・・ですよ。
ようやく6キロぐらいは走れるようになりました^^;
10キロ走れるぐらいまで成長したら、
イベントに参加しに行きますね!!
皆様にもよろしく! ではでは。また〜〜

>●田さん

こんにちは?!
書き込みありがとうございます^^

その後、着々と走られているんですね!!
すばらしい?^^

10キロ突破するのももうすぐですね!
またランニングをご一緒できることを楽しみにしています!

コメントする